Co-Writing Farm Official blog

クリエイター集団Co-Writing Farm(CWF)のオフィシャルブログ。メンバークリエイターの日々の活動などをカジュアルにお伝えします。

International Songwriting Campに参加してみた No.2

 

Kazです。

だいぶ間が空いてしまいましたが、海外Writing Campのレポートその2です。

 

f:id:cowritingfarm:20200123231609j:plain

目立つ背の低さ。笑

 

今回からは 僕が実際に去年に参加をしたヨーロッパCamp(9月上旬のSpain BarcelonaでのCampを含む)全部に共通して発見した、学んだことを少しずつシェアできればと思います。

 

トップライナー(Singer & Songwriter)もトラックメイカー(Producer)もみんな意識はアーティスト

 

 まず、海外ではトップライナーがメロディーと歌詞を書いて歌を入れる(コーラスも含めて)を全部やっちゃうケースがほとんどです。今回のCampを経て、そもそも トップライナー自身もやはり前提は自己認識が全員ARTISTだし、他のWriterとセッションをするときは 役割としてsongwritingをしている。と言う感覚がむしろ近いのかなと感じました。

 

 Londonは( 大雑把過ぎるかも例えかもしれませんが)ヨーロッパ諸国のTokyoみたいな場所で、いろんな国からLondonに上京してきているArtist達がいる。

 みんな歌のレベルは言うまでもなく異常に高いし声が凄いしARTISTとして成功しようとしていて、参加者もそう言うARTIST達しかいませんでした。

 

 そして面白いと思ったのは、Producer, DJ(日本でいうTrackmaker)も多くは ARTISTという自己認識だったこと。

Producerが特定のARTIST (Singer)と組む形でユニットとしてARTIST活動をしている、というのは馴染みがありますが、

 DJ, Producerとして,時にあるSingerをfeatureしたり、あるいはトラックのみで作品をリリースしたりといった形で活動しているARTISTが多かったのです。

 

   日本語ではTrackmakerと言い、海外ではProducerと言うこの単語の差異にも現れていると思いますが、Producerは自分のサウンドアイデンティティーをトラックに詰め込んでいる。その時点でそれはもうARTISTであると言う感覚。

 日本だと、どうしても歌を歌う人間は無条件にARTISTという感覚はありますが、そういう境界線がない。シンガーと組まずに、ProducerそのものがすでにARTISTという。

 Londonで初日に一緒だったReeもそんなProducerタイプのARTISTの一人でした。

open.spotify.com

彼はTGR Music と言うRecord Labelに所属しているスイス出身のProducer, DJ。

で最近、Maki Flow ↓

open.spotify.com

というLondonで出会った Artist(Singer)をFeatureして、作品をリリースしたタイミング。

open.spotify.com

こういう人がゴロゴロいて刺激的です。

もちろん、ビッグネームや、自分がリスペクトするARTISTに楽曲を提供したいという動機もある。ただ同時に、それ以前に自分がARTISTとして、Tomorrowlandで自分の楽曲を解き放ってやる!という気概をみんな持っている。

  先ほどのReeはCampが始まる少し前に自分のトラックを気に入ったとあるDJがそれこそTomorrowlandでお前の曲をプレイする!的な熱い知らせをセッション後の飲みで話していて、London在住 ARTIST達の盛り上がり具合が半端なかったです。

 

 DJ, ProducerもARTISTとしてガンガン配信で楽曲をリリース。特定のシンガーと組んでアーティストユニットを組んで成功を目指すタイプもいれば、Producer、DJとして自分のトラックにかっこいい声を載せるARTISTとの出会いを求めているタイプもいたり。

 

 こういう背景はやはりコンペにも反映されていました。

 日本で言う楽曲コンペは英語ではBrief と言いますが、このBriefでも、出版社所属のARTIST(Producer)が、トラック(LondonではトラックのことをBeatって表現で呼ぶWriterも多かったです)に乗せる声とアイデアを募集する所謂トラック先行コンペというのも珍しくなかったです。DJ、PRODUCERタイプのARTISTがトラックのアイデアを募集する形のBriefがLondonのCampでは4日間のうち、2日はそうでした。

 

まとめ:みんな意識はARTISTだし実際ARTIST。Songwriter、producerはその時の役割にすぎない。

 

 なんか長くなってしまったので、^^; 次回はSessionを具体的に振り返りつつ、

もし帰国子女とかでない純日本人トップライナーがヨーロッパ人に混じって、欧米マーケットに向けて書くセッションに参加すると何が必要になるのか?何がめっちゃ大変か?どう貢献でき得るか?

と言う観点で書いてみたいと思います!

CWFの大ベテラン、中西哲郎さんから〜山口ゼミ7周年によせて

山口ゼミ1期のCWFメンバー、中西哲郎です。
早いもので山口ゼミに入って7年目を迎えました。

7年前の今日、2013年1月21日に、山口ゼミはスタートしました。
誰もが緊張した面持ちで...
多分受講生23人だけではなく、あの日は山口さん、伊藤さんもどうなることか凄く不安だったんだと思います。

今はだいぶ温厚になった印象を受けますが、あの頃は伊藤さんによる「伊藤斬り」というのがありまして。
その惨殺第1号は、僕です。
2回目か3回目で、まず各自の今までの自信作を聴くという場面、僕の番になり、ちょうどその日が誕生日で、みんなに散々祝福され...
その直後、「まぁそれはそれとして」という伊藤さんの前置きと共に、僕の解体ショーが始まりました....
この曲の、サビ頭から8音が何とかという曲のサビ頭と同じなんだよね
こういう古いAORテーストの曲が今の市場で求められることはまず無い
...など、あらゆる方向から縦・横・右斜め・左斜めと、切り刻みに刻まれて、顎が外れて呆然自失となり
このまま消えてしまおう、と思ったことを鮮明に覚えています。

今となってはいい思い出ですが....

でも1期生とは便利なもので、望年会とかゼミの打ち上げなんかでは、自己紹介の時「一期の中西、一気します!」って大ジョッキを空けるのも芸として通用して。
オイタなあの頃の自分が懐かしい....(遠い目)

そんなこんなで日々は流れ、今日も、メンバー作曲の曲の入ったCDを借りてきました(買えよ!)
7年という年月の重さ、山口さん、伊藤さんの努力が着実に実を成しているんだなぁ、と、感慨ひとしおです。

ところで、ちょっと時間は経ってしまいましたが去年のクリスマスイブの早朝、エイベックス×TV東京 次世代オーディション番組「ヨルヤン」ってのがスタートし、オーディション曲として書いた曲が採用されています。

ヨルヤン(テレビ東京)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)

あの曲は伊藤さんの詞先で5年も前に書いたもの。
キープにはなったものの採用されず、2年が経ち3年が経ち、ついには元号まで変わって、やっと日の目を見ることが決まった、といういわく付きの曲でして。
曲を作る段階から、どういう経緯かは忘れたのですが昭和テイストの曲を作ろうというリクエストがあり、ベストテンとか夜ヒットとか...若いメンバーは知らないのかなぁ...音楽番組が花盛っていた頃を思って作りました。

かくいう僕は、実はその頃バックバンドのメンバーとしてほぼ毎日テレビ局をハシゴして、日本中をツアーで駆けずり回っていました。
あの頃はテレビのセットも派手で。
3階建てになったヤグラのテッペンに高所恐怖症の僕が立たされて、揺れる中でギターソロを弾かなければならない、なんて悪夢のような思いをした記憶もあります....
出番を待つ舞台袖のヤグラで、隣のヤグラのCCBのメンバーと馬鹿話をしていたり...
あの曲は、そんなころを思い出して、ちょっとCCBテイストで作りました。
まぁ、7年という年月を簡単に語りつくせるものではありません。
秋元康さんプロデュースで外人がデビューする、ということになり、ペンギンスさんと書いた曲が採用された!なんてこともありました。
本当に、あの曲は何十テイク作ったことか。
伊藤さんの、「ペンギンスと中西は海外デビューも決まった」という一言に、どれだけ胸を躍らせたことか。
結果は.... ご存じのとおりです。

そんな感じで、谷あり谷あり。
いつか地殻変動が起きて山の天辺に居たりして。
高所恐怖症なのでちょっとそれも辛いかもしれませんが....

石の上にも3年はとっくに過ぎてしまいましたが、ラッキー7の年、ということでラッキーがあると良いなぁ、という凡人的な下心のもと、今年も棒を当てようとする犬の心境で、しっかり音楽活動に励んで行きたいと思っております!!!

f:id:cowritingfarm:20200121093251j:plain

CWFメンバー(山口ゼミ1期)中西哲郎さん

 

パラレルキャリア女性作家ながながの1週間 ~後編~

兼業作家をしている永野小織、長沢知亜紀のよくある1週間を書いてみました。後編です。

 

前編(月曜日~木曜日)はこちらです。

cowritingfarm.hatenablog.jp

 

<とある1週間の設定>
・永野はIT系、長沢さんは広告系企業のそれぞれ総合職として週5フルタイム勤務
・金曜朝提出のコンペ1曲、翌週月曜朝提出のコンペが1曲ある状態
・月曜~日曜の1週間の記録(後編は金曜日~日曜日)

 

~金曜日~

 

長沢→8:30起床。通勤し10時始業。
永野→7:30起床。通勤し9時始業。

コンペも提出したし、ようやく金曜日なので、今日はふたりとも日中頑張って仕事をしたのち、それぞれの飲み会です。

合間に、長沢さんが机の買い替えを検討している話をします。

f:id:cowritingfarm:20200113120924p:plain

こういうの、仲間がいると情報きけていいですよね

 

 

f:id:cowritingfarm:20200113121024p:plain

その後買い換えた机。快適そう。

 

一週間お疲れ様でした。

 

~土曜日~

午前中は別コライトのメロディーを作って送ります。

その後ありがちな土曜の予定として美容院だのまつエクだのの予定をこなしてから、

今日は山口ゼミに遠藤ナオキさんがくるので講義を聴講します。

遠藤ナオキさんは、長沢永野が作曲した22/7「シャンプーの匂いがした」の編曲を手掛けてくださったことがきっかけでお知り合いとなり、山口さんからの相談を受け、山口ゼミの講師として来ていただきました!

 

遠藤さんの講義は少し変わっていて、「作家として仕事をしていく上でいかに効率よい作業環境を整えるか」について熱く語っていただきました。

私も遠藤さんのお話を聞いて、トラックボールや良い椅子を導入し作業しています。

どんな作家も良い制作環境を整えることは大切ですが、パラレルキャリア作家としては、会社での仕事もPC作業が多いので、疲れない作業環境は本当に大事だなとしみじみ思っています。

 

遠藤さんの講義をうけて、CWF竹島くんがトラックボールについてのブログ記事を記載していますので、こちらもぜひ。(おすすめ商品3つめ)

cowritingfarm.hatenablog.jp

  

f:id:cowritingfarm:20200113122519p:plain

たまにみんなで集まる良い機会



講義後は飲み会がいつもの流れ。振り返るとわりと飲みすぎな週です。

 

~日曜日~

 

唐突に月曜朝締切のコンペに手を付け始めます

f:id:cowritingfarm:20200114231438p:plain

どちらからのパターンもある。軽いノリ。

これはあるあるです。
他の人とのコライトではじっくりと取り組みたいことが多く、あまり急ぎの案件はやらないのですが、こんなことができるのは365日話をしていて、意思疎通が抜群に早いながながならではの行動とも言えます。
時間はないですが、コンセプトが大事なのでそれでも朝から14時くらいまで話してコンセプトとタイトルを決めます。

タイトル案を出し合いながらブレストすることが多いです。ちょっとした会話からタイトルがすぐ決まることもあればあんまりぴんと来ず二人でずっと悩んでいることも。

 

我々の中では、コンセプトとタイトルがきまれば「ほぼ出来たも同然」


そこからは役割分担。今回は私がメロディーと歌詞を作ることになりました。この時点で16時。
長沢さんに共有してから話し合いつつ微調整。ここはこの歌詞のほうがいい、メロディーはこっちではどうかなどなど…


FIXしたら、そこから怒涛のアレンジです。
長沢さんが爆速でアレンジを進めます。長沢さんは一切の連絡を遮断し集中します。この集中力にはいつも驚かされます。


その間に、ギターが必要だったので、私が弾いて渡します。何度も弾きなおし弾きなおしなので時間がかかります…


途中で長沢さん、歌も歌います。この時点で夜の22時くらい。時間との戦いです。

 

お腹がすいたらUber Eatsを頼みます。なんて便利な世の中なんでしょう。この日は贅沢をしてタピオカから昼ごはん夜ごはんすべてを頼みきった長沢さん。

f:id:cowritingfarm:20200113123608p:plain

Uber Eats大活躍(ちょっと贅沢)

 

そんな中私は平行して前から進めていた同じコンペの仮歌エディットをしていたり。実は長沢さんも別コライトもしていたため、並行してミックスチェックを行っていました。

そんなこんなで我らの曲もミックス最終チェック。

 

f:id:cowritingfarm:20200113123920p:plain

ここでも最終チェックはふたりで。

 

仕上がります。

やり切った満足感でなんとなくアルコールを入れ、いい曲になったね~ といいつつ寝ます。深夜24時半。

 

 

~まとめ~

 

いかがでしょうか。

こんな感じで進めております。

あくまでよくある1週間の雰囲気、ということで、長沢永野で毎週2曲を作ってるわけではありませんが、合間合間にそれぞれ別のコライト(同時に5~6件は常に進行)も挟みつつ、日々活動しております。

 

とはいえこう書き出してみると飲み会もしたり、ドラマも見たり、運動もしたり、なんかそんなに忙しそうじゃないですね。笑

 

ということで、2020年もこんな生活をしつつ、楽しく音楽の仕事とそれぞれの仕事に取り組んでまいりたいと思います!

 

f:id:cowritingfarm:20200117003250p:plain

ここ数年で機材類も充実。今年も楽しく音楽作ります!


 

パラレルキャリア女性作家ながながの1週間 ~前編~

Co-Writing Farmで作家をしております、永野小織です。

よくコライトする長沢知亜紀さんと共に、兼業で作家をしております。

長沢と永野なのでセットでよく ながなが と呼ばれています。

仕事を複数持つことも徐々に自然になってきている世の中で、パラレルキャリア最先端?をやっているわけですが、

「いつ寝てるの?」「どうやって曲作ってるの?」とよく聞かれるので、ふたりのよくある1週間を前編 後編にわけてブログに書いてみたいと思います。

ゆるいブログですが、広い心で読んでいただけると嬉しいです。

 

<出会い> 

山口ゼミ9期にて2015年5月に出会う。

偶然同じタイミングで山口ゼミを受講し、女性同士、同い年、総合職で仕事をしながらという境遇が似ていることもあり、意気投合。

最初はふたりともコンペに出せるレベルの楽曲が作れませんでしたが、持ち前の負けず嫌い精神とビジネススキルを活かし、お互いに情報交換しあい二人でコライトし続け、編曲でも採用がいただけるまでになりました。

 

<とある1週間の設定>
・永野はIT系、長沢さんは広告系企業のそれぞれ総合職として週5フルタイム勤務
・金曜朝提出のコンペ1曲、翌週月曜朝提出のコンペが1曲ある状態
・月曜~日曜の1週間の記録

 

~月曜日~


長沢→8:30起床。通勤し10時始業。
永野→7:30起床。通勤し9時始業。

時間は毎日こんな感じです。

通勤中はほぼ音楽を聴いて最新曲のチェック、リファレンス探しをしています。

月曜日に関してはお昼休みに流れてくるしいたけ占いが妙に今の状況に合ったりするとお互いに連絡を取り合います。

f:id:cowritingfarm:20200113114327p:plain

検索したら49回も登場していたしいたけさん

 

お互いにそこそこ中堅になっているので打合せやらなにやら、日中は瞬く間に過ぎていきます。月曜から大変です。

長沢→19時〜20時退社・21時までには帰宅
永野→19時退社20時帰宅

 

食事をとるなどしてから、私は金曜朝締切コンペ(メロディーと歌詞は土日に仕上げていた)のアレンジをします。
長沢さんは別件コライトの歌詞を1曲書き上げるなどしていたそうです。
あまり遅くなると次の日が辛いですので、24時過ぎには寝ます。

 

~火曜日~


長沢→本日はリモート勤務だそうです。良い制度です。通勤時間がないので朝一で始業前に仮歌を歌ってくれました。
永野→7:30起床。通勤し9時始業。

 

通勤中のみならず昼休みに別のコライトの歌詞を考えたり、リファレンス探しをします。

f:id:cowritingfarm:20200113115001p:plain

私はspotifyプレイリストでリファレンス管理

 

長沢さんは帰宅後歌をエディットしてくれました。
私はもう1年以上通っているパーソナルトレーニングに行きます。作家は運動不足になりがちなので、健康は大事です。21時半に帰宅。


帰宅後アレンジの続きを。あとは歌を入れれば完成状態にもっていきます。

 

~水曜日~


長沢→8:30起床。通勤し10時始業。本日は夜遅くまでずっと打合せが入っているとのこと。一日多忙で何もできません。帰宅は23時。
永野→7:30起床。通勤し9時始業。帰宅は22時。

今日はお互い仕事が遅かったので疲れ果ててしまいました。
並行しているコライトの必要最低限の対応だけして寝ます。


こんな時でも長沢さんは朝準備をしながらドラマを見たりして常に最新情報をチェックしていてすごいなと思います。笑

 

f:id:cowritingfarm:20200113115331p:plain

おすすめを聞く

 

~木曜日~


長沢→本日も一日多忙で何もできません。私からみてもとてもハードワーク。
永野→7:30起床。通勤し9時始業。帰宅は20時。

歌を合わせてアレンジミックス!長沢さんに確認をとると、ドラムもうちょい出してベースはちょうどいいとのこと。コライトだと他人の耳でもチェックできてよいですね。
提出して終了!寝ます!

 

f:id:cowritingfarm:20200113115936p:plain

ミックスチェック。

 

 

後編につづく。

 

僕らを育てた「山口ゼミ」はこんなところです〜27期レポート〜

おはようございます、CWFの作曲家、ペンギンスです。けっこう貴重な記事があがっていたのでシェア。

tcpl.jp

Co-Writing Farmというコミュニティがあること自体は作曲家業界のなかでも少しずつご存知の方が増えてきてるとは思うんですが、「いったいなんの集団なのか」についてはあまり知らない方が多いんじゃないかなと・・・

実は「山口ゼミ」というJ-POPや劇伴等の作曲家を育成するプログラムがあって、そこの出身者によって構成されているコミュニティが「Co-Writing Farm」なんです。もう6年以上この仕組みで運営されていて、昨年はメンバーの成長に伴って株式会社CWFが新たに設立されたりと、常に現在進行形で進化を続けています。

とはいえこの「山口ゼミ」ってなんなんだろう、ってなりますよね笑。バイネームで名前がついてるし、大学のゼミみたいですよね笑。その実態、実感がよくわかるように、実際の山口ゼミの講座の様子をレポート形式にしたのがこの記事です。

tcpl.jp

受講検討されてる方はこれを読んで決めていただければと思いますし、「何者なんやねん」という方は笑、これを読んで雰囲気を知っていただければ幸いです。

f:id:cowritingfarm:20200111072617j:plain

 

今月のCWFリリース〜OH MY GIRL JAPAN 3rd ALBUM「Eternally」に4曲収録!

こんにちは、CWFのペンギンスです。今月もたくさんのCo-Writing Farm発の楽曲がリリース予定されています。
その中でも特に注目なのがCo-Writing Farm作家による楽曲が4曲も収録されているこちらのアルバム。

ohmygirljapan.jp

K-POPガールズグループとして人気急上昇中のOH MY GIRL!!
日本でもライブツアーの実施やJAPAN ALBUMのリリースなど動きが活発な彼女たちのJAPAN 3rd ALBUM「Eternally」が本日発売です。

Co-Writing Farmからは表題曲「Eternally」はじめ「Polaris」「Precious Moment」「Fly to the Sky」の合計4曲を楽曲提供させていただきました。

Amazonでは通常盤、初回限定盤A、初回限定盤Bと発売されており、4曲とも全TYPEに収録されています。

JAPAN 3rd ALBUM 「Eternally」 (通常盤) (特典なし)

JAPAN 3rd ALBUM 「Eternally」 (通常盤) (特典なし)

 


もちろんサブスクでも聴けます。Spotifyプレイリスト「THIS IS Co-Writing Farm」はこちら。今回の4曲はじめサブスク解禁されているCo-Writing Farm楽曲がラインナップされています。

open.spotify.com

リリース当日の今日は、制作に関わったCo-Writing Farm作家からのコメントで4曲を紹介していきたいと思います。


===
トップラインを担当しました。どの楽曲に対してもそうなのですが、特に「Eternally」は各パートそれぞれにしっかり意味を持たせようと思いました。歌割りが少ないメンバーでも輝けるよう、印象に残るよう、メロディを書きました。ライブも拝見しましたがOH MY GIRLらしい“儚さ”が加わっていてよかったです。

水流雄一朗(Eternally)

===
作曲に取り掛かった際に「OH MY GIRLさんが歌って映えるように、透明感ある清純な女性が歌うような世界観を出したい」と考えてソングライティングをしていました。ライブで彼女たちの実際の歌声を聴かせていただいて、とても感動したのを覚えています。コーライトの良い点として最初にソングライティングをした後、歌詞案が上がってきたら「このリリックは強い言葉で良い感じだから、メロも変えよう」とか、歌詞に合わせた改善があったりその後もトラックや歌が入ることで、自分が想像していなかったドラマチックな作品に仕上がっていったなと感じています。めちゃくちゃ嬉しいです!

alura(Precious Moment)

===
OH MY GIRLの皆さんに楽曲を提供出来たこと、すごく嬉しく思っています。制作時からアーティストが歌って映える事を念頭に置きチームで制作を進めましたが、実際に仕上がった楽曲は想像通り、むしろアーティストが歌う事でさらに美しいものが出来上がったと思っています。今回リリースされた曲たちが、誰かにとってのお気に入りになることを期待しています。

Sorato(Eternally/Precious Moment/Polaris

===
明るくポップなダンス曲です。ライブでみなさんで盛り上がって貰えたら嬉しいです!

TomoLow(Fly to the Sky)

===
OH MY GIRLの皆さん、可憐で美しく、それでいてチャーミングですよね。私はそんな「美しさとチャーミングさが共存しているもの」にすごく心が惹かれます。今回の楽曲でそれが表現できていたら嬉しいです。OH MY GIRLの皆さんに、本当に感謝しています。コーライターのRyo Itoさん、Soratoさん、Mayuneさん、そしてコーラスの加藤はるかさんにたくさんお力をお借りして「Polaris」が生まれました。尊敬する作家さんとご一緒できたこともすごく嬉しいです。ぜひたくさん聴いてくださいね!!

室屋優美(Polaris
===


Co-Writing Farmが生み出した楽曲で、OH MY GIRLの世界を楽しんでください。


OH MY GIRL 『Eternally』Live ver.

2020謹賀新年!〜お知らせなど〜

あけましておめでとうございます、CWFのペンギンスです。
今年もよろしくお願いします。

2020年のはじまりですね。昨年もたくさんのコーライト楽曲がCo-Writing Farmから世に出ていきましたが、今年も既にリリース決定楽曲が多数控えております。

常にコーライティングムーブメントを広めていく、盛り上げていく、という気持ちでCo-Writing Farmメンバーは日々制作に打ち込んでいますので、リスナーの方は是非その音楽に触れてほしいし、クリエイターの皆様とは是非一緒に何かできればと思いますし、クライアントの皆様には今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

さて、リリースのひとつですが、本日(1/6)よりテレ東系アサオビ情報番組「おはスタ」にてCo-Writing Farmからの楽曲「Girl meets Girl」が3学期テーマ曲として起用頂いております。

わたくしペンギンスと、頼れる兄貴のhanawayaパイセンとのコーライティングで作りました。

冬の朝からハイテンションになれる曲なのでぜひチェックしてみてください!

放送開始と共に、iTunes StoreAmazon Musicなどのダウンロード配信が開始されておりますので、こちらも要チェキです。 

Girl meets Girl

Girl meets Girl

  • 発売日: 2020/01/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

2月19日にはCDパッケージ盤も登場です。

【Amazon.co.jp限定】Girl meets Girl (通常盤) (DVD付) (デカジャケット付)

【Amazon.co.jp限定】Girl meets Girl (通常盤) (DVD付) (デカジャケット付)

 

今年も色々なCo-Writing Farmの活動や、日々の風景、メンバーひとりひとりの思うところや、具体的なお役立ちTIPSなど、ブログからたくさん情報発信していけたらと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 
f:id:cowritingfarm:20200106221215j:image