Co-Writing Farm Official blog

クリエイター集団Co-Writing Farm(CWF)のオフィシャルブログ。メンバークリエイターの日々の活動などをカジュアルにお伝えします。

みんな大好き「コード進行」をあなたの曲のためにレコメンド。「あなたの曲の可能性を広げる12のコードワーク」開催!

おはようございます、CWFの作曲家ペンギンスです。ちょっと告知で失礼します。

次の次の週末、9月18日(土)に、「ペンギンスTIPSシリーズ」の第3弾を開催します!


「あなたの曲の可能性を広げる12のコードワーク」

-CWF presents ペンギンスTIPSシリーズVol.3-

https://penguins-tips-vol3.peatix.com/

===開催概要===
日時:2021年9月18日(土) 16:00-17:30
場所:オンライン(ZOOM)で完結
価格:一般:¥5,000
   「山口ゼミ」受講経験者割引:¥2,000-
(申し込み時に「氏名」欄にIDを添えてお書きくださると確実です)

   Co-Writing Farmメンバー:¥1,000-
(申し込み時に「氏名」欄にIDを添えてお書きくださると確実です)

申し込みは上記Peatixリンクからお願いします!

こちら今年夏からはじめた、ブログ連携型・学習サイクル重視の「ペンギンスTIPSシリーズ」の第3弾となります。

コード進行って不思議なもので、メロディーやリズムについて説明する書籍、ブログ、YouTube等はかなり少ないように思うのですが、逆にコード進行について説明するコンテンツはかなり多いなという印象です。コード進行についての話は、溢れかえっている、といってもよいでしょう。

そんな中、あえてコードワークといういわば「レッドオーシャン」にふみこむのには理由があります。

先日開催して好評をいただいた「コンペで決まる!再生数が伸びる!あなたの曲をキャッチーにする12の方法」で受講生の方の事前課題を拝見して思ったのですが、メロディーでキャッチー(覚えやすく印象的な良曲)にすることも大切ですが、大前提としてコード進行が目指す音楽の方向性にフィットしていないと、そもそも曲が成立しなくなってしまうんですね。


コード進行はやはり楽曲の基盤になってるなぁ、という思いもあり、古今東西過去のスタンダードから、最新のグローバルヒットまで、コード進行がもたらす効果をうまくまとめてみたいという思いがありました。

そのうえで、ただまとめても「コード進行あるある」みたいな感じで終わってしまうので、、。

「こういう感情、こういう雰囲気を表現したいのだったら、こんなコード進行がおすすめです」という風に、理論ありきではなくて、つくりたい音楽、表現したいことありきでコード進行を紹介したい、というのが今回の狙いです。

ぜひぜひ、みなさまの参加をお待ちしています!

https://penguins-tips-vol3.peatix.com/view